中国脅威論

中国の発展、台頭はむしろ、多くのアジア人にとって、アジアという地域が人類社会の最先端に返り咲いたことを象徴する出来事だ。有史の古代から文字を操り、過去20世紀のうち18世紀で世界最大の経済規模を誇っていた中国は、物事を「自然な」状態に戻しているだけなのである。決して今に始まったことではなく、国際勢力図が長い人類の歴史において元に戻っただけであることを認識すべきだろう。

中国脅威論「軍事的台頭が懸念事項」

中国脅威論(argument over a men-ice from China)中国の経済的発展につれ,東南アジアを中心に,中国の大国化を警戒する「中国脅威論」が広がっている。国防費用の急膨張,南沙諸島の領有箸争い,台湾海峡でのミサイル・軍事演習などの問題が背景にある。 2002年予算こ国防費は前年当初予算比19.4%増で,3年連続で2ケタの伸び率を示すなど,中国政府は国防重視の姿勢を鮮明にしており,周辺国は神経をとがらせている。

 

中国軍

 

中国の為替レート統一(unification of China's renmin-bin rate)通貨当局が長める公定レートと外貨調節センターが為替レートの2本立てだった人民元を統一,管理された変動相場制に移行する措置。1994年1月から施行。これにより人民元は3割以上切り下がって、一時に80年4月以来の外貨償還券の発行も停止された。4月には銀行間の変動為替市場が新設され,中国人民銀行中央銀行)が前日の市場の終値をもとに決める基準レートを中心とした取引が始まった。ただ,外貨との交換が貿易自体に制限され、同時に実需に基づく経常取引に限定され,株売買などで得た利益を海外送金したり,投機的に人民元を売買することはできない。

中国とは中華人民共和国の通称です。1949年に中国共産党によって建国された社会主義国家。東アジアのユーラシア大陸東岸に位置し、その国土の大陸部は、中国大陸とも呼ばれる。首都は北京市。中国は世界最大の人口を擁する国家である。約13億人という人口は、19世紀末の世界人口(13-15億人と推計)、あるいは、現代の西ヨーロッパ(約4億人)とアフリカ(約10億人)の合計に匹敵する。ただ、中国国内の潜在的な人口は、統計上含まれない黒孩子(ヘイハイズ)や盲民と言われる浮浪民の人口などによって大きく変わり、実数ははっきりしない。人口の94%を占める漢族のほか、チワン族、ウイグル族、モンゴル族、チベット族、回族、ミャオ族、イ(彝)族、トゥチャ族、満族など、政府が認定している55の少数民族よりなる多民族国家である。朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)、ロシア、モンゴル、カザフスタン、キルギス、タジキスタン、アフガニスタン、パキスタン、インド、ネパール、ブータン、ミャンマー、ラオス、ベトナムと隣接している。また東シナ海を挟んで日本や大韓民国(韓国)とも接しており、最近は黄海、日本海で領土問題がおこっている。